管理職は半袖シャツNG? クールビズ「大人の男」のお作法

公開日:  更新日:

 梅雨入り前の5月というのに、早くも夏みたいな暑さだ。最高気温が30度以上となる真夏日はすでに北海道でも記録。7月中旬並みの暑さにウンザリして、上着を脱いで通勤する人も少なくない。クールビズのシーズン到来だが、大人のオトコに見せるためには工夫が必要だ。

「ちょいワルおやじを気取ってバッチリ決めても汗染みつけてダラダラと汗をかいていたら、みっともない。大人のオトコのクールビズは、臭いを出さず、汗を見せない工夫が大切。自分にとっての涼しさというより、相手を不快にさせない気配りの着こなしです」

 こう言うのは、男性美容研究家の藤村岳氏。「一流の男はなぜ爪を手入れするのか?」などの著書があり、サラリーマンの身だしなみに詳しい。その藤村氏が勧めるクールビズの基本が、臭いと汗染みの対策。この2つをキーワードに着こなしを考えればいいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る