14世紀生まれのワイシャツ “後ろの裾”が長いのはなぜか

公開日:  更新日:

「ワイシャツの裾が現在の形になったのは、1860年代のヨーロッパ。後ろの裾が長いのは、これよりも前の時代、長らくワイシャツの裾がパンツとして股に巻かれていた名残です」

 こう言うのは、文化服装学院教授の朝日真氏(西洋服装史)だ。14世紀、中世ヨーロッパで生まれたワイシャツは、男性用下着として用いられてきた。

「フランス語で下着を意味する“シュミーズ”は、男性についていう場合はワイシャツを指します。かつてワイシャツは、肌着や寝間着として用いられていました。パンツやトランクスが登場するのは20世紀で、それ以前の欧米人は、ズボンの下にモモヒキをはくか、何もはかないかのどちらか。その時代、ワイシャツの裾がパンツ代わりでした」

 ワイシャツの背中側の裾を、股下を通して腹側に回し、ウエストに巻きつけた裾と合わせて留める。ワイシャツとフンドシが一体化したかのような使い方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る