14世紀生まれのワイシャツ “後ろの裾”が長いのはなぜか

公開日: 更新日:

「ワイシャツの裾が現在の形になったのは、1860年代のヨーロッパ。後ろの裾が長いのは、これよりも前の時代、長らくワイシャツの裾がパンツとして股に巻かれていた名残です」

 こう言うのは、文化服装学院教授の朝日真氏(西洋服装史)だ。14世紀、中世ヨーロッパで生まれたワイシャツは、男性用下着として用いられてきた。

「フランス語で下着を意味する“シュミーズ”は、男性についていう場合はワイシャツを指します。かつてワイシャツは、肌着や寝間着として用いられていました。パンツやトランクスが登場するのは20世紀で、それ以前の欧米人は、ズボンの下にモモヒキをはくか、何もはかないかのどちらか。その時代、ワイシャツの裾がパンツ代わりでした」

 ワイシャツの背中側の裾を、股下を通して腹側に回し、ウエストに巻きつけた裾と合わせて留める。ワイシャツとフンドシが一体化したかのような使い方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る