ジャパンネット銀行<上>後発の楽天銀行と熾烈な戦いへ

公開日:

 フィンテックの進行で、銀行業界は大変革期を迎えている。メガバンク3行はいずれも支店の閉鎖、行員の大幅削減を打ち出している。三菱UFJ銀行と三井住友銀行が相互にATMを無料利用できるようにするとの報道もあった。その背景には、銀行の店舗やATMを利用する人たちが減り続けていることがある。

 銀行の持つ決済機能や送金機能は引き続き多くの人が利用しているのだが、それを店舗ではなくパソコンやスマホ上でできるようになったことが今日の事態を招いている。

 そこで利用者を増やしているのが、実店舗を持たないネット専業銀行。店もなければ顧客対応の行員もいないため固定費が従来の銀行よりもはるかに少なく、その分、金利を高く設定できることで人気を集めている。そのネット専業銀行の中で、もっとも古い歴史を持つのがジャパンネット銀行だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る