• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャパンネット銀行<上>後発の楽天銀行と熾烈な戦いへ

 フィンテックの進行で、銀行業界は大変革期を迎えている。メガバンク3行はいずれも支店の閉鎖、行員の大幅削減を打ち出している。三菱UFJ銀行と三井住友銀行が相互にATMを無料利用できるようにするとの報道もあった。その背景には、銀行の店舗やATMを利用する人たちが減り続けていることがある。

 銀行の持つ決済機能や送金機能は引き続き多くの人が利用しているのだが、それを店舗ではなくパソコンやスマホ上でできるようになったことが今日の事態を招いている。

 そこで利用者を増やしているのが、実店舗を持たないネット専業銀行。店もなければ顧客対応の行員もいないため固定費が従来の銀行よりもはるかに少なく、その分、金利を高く設定できることで人気を集めている。そのネット専業銀行の中で、もっとも古い歴史を持つのがジャパンネット銀行だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る