斎藤貴男
著者のコラム一覧
斎藤貴男ジャーナリスト

1958年生まれ。早大卒。イギリス・バーミンガム大学で修士号(国際学MA)取得。日本工業新聞、プレジデント、週刊文春の記者などを経てフリーに。「戦争経済大国」(河出書房新社)、「日本が壊れていく」(ちくま新書)、「『明治礼賛』の正体」(岩波ブックレット)など著書多数。

スルガ銀は偽造を認識…銀行が社会不安の元凶になる無残

公開日:

 スルガ銀行(本店・静岡県沼津市)の多くの行員が、シェアハウスに投資した物件オーナーへの融資に必要な書類が偽造・改竄されている実態を認識していたらしいことがわかった。同行の米山明広社長が15日に記者会見で謝罪した。

 スルガ銀のシェアハウス関連融資の総額は約2035億円。4月に経営破綻した「スマートデイズ」に絡む融資が、その6割ほどを占めている。

 同社はオーナーに家賃収入の30年保証を約束しながら、不払いを重ねて社会問題化した。書類の偽造は預金残高の書き換えにまで及び、詐欺の疑いもある。米山氏は役員や社員の関与については口を閉ざしたが、認識していて無関係などということはあり得ない。

 悪徳商法の被害者にされたオーナー側は、当然、スルガ銀を私文書偽造などの容疑で警視庁に刑事告発する方針だ。やれやれ、と思う。銀行はどこまで落ちれば気が済むのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る