• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

銀座セカンドライフ 片桐実央社長<3>起業に向かい一心不乱

 シニアのセカンドライフの支援をする事業を起こしたい。

 明確な目標ができると、片桐はそれに向かって突っ走っていく。

 大和証券SMBCを転職先に選んだのは、会計をもっと実践的に学びたいという起業準備の意味合いがあった。

 配属先は、引受審査部だった。

「上場しようとする企業の最後の関門ともいえる部署です。数値的な審査が多いのですけれども、法的な審査を強化しようということで採用してもらえました」

 証券会社に勤務する傍ら、行政書士とファイナンシャルプランナーの資格取得を目指して勉強を続けた。

「資格くらいないと、この年齢で起業をしても、誰にも話を聞いてもらえないんじゃないかと思ったのです。ファイナンシャルプランナーは、会計のすごく効果的な勉強ができることもあり、どうせなら両方の資格を取ろうと自らハードルを上げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る