トヨタが抱える販売店統合問題 副社長は“ディーラー行脚”

公開日: 更新日:

 日産自動車が経営陣の逮捕、不祥事で迷走する中、トヨタ自動車は堅調な業績を背景に次世代の改革に次々乗りだしている。だが、問題もある。ディーラーの統合、全車種販売について、一部のディーラーからは不満の声も出始めているのだ。

 11月1日に名古屋で行われた全国トヨタ販売店会議では、2022年から25年までに現在の4チャンネル(レクサスを入れ5チャンネル)のディーラーを1つに統合、全トヨタ車の販売に切り替えることを確認した。

 まず東京を手始めに19年4月から4チャンネルを廃止し、新会社「トヨタモビリティ東京」として統合設立する。その後、全国のディーラーを順次統合していく計画だ。しかし、地方ではディーラー同士が隣接し併売しているケースが多い。隣にトヨタ店が隣接する関東の大型ディーラー店幹部がこう反発する。

「東京はメーカー直属の経営ですから、いや応なしでしょうが、地方は独立した経営です。隣のネッツ店もうちと同じく16車種を販売し、他店で販売している車種も併売し競争している。社長は『全車種を揃えても客層が違うので投資に見合わない。統合は地域の会社同士の競争をさらに激化させるだけで、統合するつもりはない』と断言しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る