超円高に市場は警戒…トヨタ「1ドル=105円」想定の衝撃

公開日: 更新日:

 市場に“トヨタ・ショック”が走った。先週9日、トヨタ自動車は2018年3月期の決算を発表。純利益が前期比36%増の2兆4939億円に達し、過去最高を更新した。

「トヨタは、株式市場が開いている午後1時半ごろ決算発表に踏み切ったので、その直後からトヨタ株は急騰しました。ただ、市場が最も注目していたのは今期(19年3月期)の想定為替レートです。円安方向か、それとも円高を見込んでいるのか。為替相場が読みにくい状況だけに、例年より関心度は高かったといえます」(市場関係者)

 このところドル円相場は1ドル=109円台で推移している。4月下旬に米長期金利(米10年国債)が約4年3カ月ぶりに節目の3%を突破したことで、「ドル買い円売り」が加速。日米金利差拡大により円安が進行し、一時、3カ月ぶりに1ドル=110円台に乗せた。一方で、円高材料もある。トランプ米大統領は、日銀の金融政策が円安をもたらしていると不満を漏らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る