若手の世話にピエロ役まで…イチローは「終活」開始したのか

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が率先してベンチやクラブハウスを盛り上げたり、若手の面倒を見ている。

 中でもイチローが何かと世話を焼いているのが若手のゴードン内野手(27)だ。今季ここまで51試合で220打数81安打の打率3割6分8厘。安打数、打率ともメジャートップで、イチローが04年にマークしたシーズン最多安打(262)の更新が期待されている。

 かつて安打製造機といわれたイチローは、このゴードンにご執心で、打撃に関するアドバイスはもちろん、自身が愛用するジュラルミン製のバットケースを気前よくプレゼントするなど、物心両面で惜しげもなくサポートしている。俊足を生かした内野安打も多いことから、イチローは自身の全盛期と重ね合わせているのだろう。米メディアの取材にイチローは「自分の若いころを見ているようだ」とコメントしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る