好調マーリンズ・イチローに「一塁コンバート」プラン急浮上

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が再び息を吹き返してきた。6日(日本時間7日)のナショナルズ戦は「7番・左翼」でスタメン出場し、4打数1安打1打点。連続試合安打を7に伸ばし、3戦連続打点を記録した。二回、無死二、三塁の好機で13年のサイ・ヤング賞右腕シャーザーから左前適時打を放った。

 これで今季は23安打。残り133安打とし、メジャー通算3000安打達成に向けて量産態勢に入り始めたものの、次戦のジャイアンツ戦からは再びベンチに戻ることが濃厚だ。腰を痛めて4月20日に故障者リスト入りした正左翼手イエリッチ(23)が8日(日本時間9日)にも戦列に復帰する見込みだからだ。

 昨季、ゴールドグラブを受賞したイエリッチに加えて中堅オズナ(24)、右翼スタントン(25)は守備に定評があり、メジャーを代表する外野陣。守備力ではゴールドグラブ賞10度のイチローにも引けを取らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る