• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調マーリンズ・イチローに「一塁コンバート」プラン急浮上

 マーリンズ・イチロー(41)が再び息を吹き返してきた。6日(日本時間7日)のナショナルズ戦は「7番・左翼」でスタメン出場し、4打数1安打1打点。連続試合安打を7に伸ばし、3戦連続打点を記録した。二回、無死二、三塁の好機で13年のサイ・ヤング賞右腕シャーザーから左前適時打を放った。

 これで今季は23安打。残り133安打とし、メジャー通算3000安打達成に向けて量産態勢に入り始めたものの、次戦のジャイアンツ戦からは再びベンチに戻ることが濃厚だ。腰を痛めて4月20日に故障者リスト入りした正左翼手イエリッチ(23)が8日(日本時間9日)にも戦列に復帰する見込みだからだ。

 昨季、ゴールドグラブを受賞したイエリッチに加えて中堅オズナ(24)、右翼スタントン(25)は守備に定評があり、メジャーを代表する外野陣。守備力ではゴールドグラブ賞10度のイチローにも引けを取らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る