注目集まるイチローの背番号51「2球団で永久欠番」の可能性も

公開日:  更新日:

 安打製造機のヒット数が、久々にカウントダウンに入っている。

 マーリンズ・イチローが7日(日本時間8日)のジャイアンツ戦で5打数1安打。メジャー通算2868安打とし、歴代42位のベーブ・ルースにあと5本と迫った。

 今季中の3000安打達成は厳しいものの、ルースと肩を並べるのは時間の問題。歴代最多本塁打記録(762本)を持つバリー・ボンズ(ジャイアンツ)らの2935安打(33位)も十分、射程圏だ。

 マリナーズ時代に前人未踏の10年連続200安打を達成。引退後の殿堂入りは確実視されるうえ、ここに来て背番号「51」の扱いにも注目が集まっている。

 安打数でルースを抜き、あのボンズと肩を並べれば話題性は十分。マーリンズは球団創設が93年と歴史が浅く、主力の放出を繰り返してきた。これまで殿堂入りしそうな選手はいないし、今後も出てきそうにない。昨年11月に総額400億円近い大型契約を結んだスタントン(25)にしても、やがてトレードで売られるとみられている。イチローの「51」が球団史上初の永久欠番になる可能性があるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る