• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代打で安打のイチロー 今度は“元祖一本足打法”オットに並ぶ

 安打製造機が再び、メジャーの大打者に肩を並べた。

 マーリンズ・イチロー(41)は24日(日本時間25日)のオリオールズ戦に代打で起用され、1打数1安打。5─2の八回2死走者なしの場面で打席に立つと、3番手左腕マシューズの外寄りの変化球を捉えて中前にはじき返した。

 22日に2安打を放って通算2875安打とし、ベーブ・ルースの2873安打を抜いて歴代42位に浮上。この日は通算2876安打目を放ち、ニューヨーク(現サンフランシスコ)・ジャイアンツのメル・オットと並び、歴代41位に浮上した。

 オットは1926年にメジャーデビューし、外野手として22年間プレー。メジャー通算2730試合に出場し、打率3割4厘をマークし、引退する前年の46年に2876安打を記録した。「一本足打法の元祖」としても知られ、王貞治(現ソフトバンク会長)と同じ左打ちで511本塁打を放った長距離砲だ。引退後の51年に米野球殿堂入りを果たした。

 今季の目標とするメジャー通算3000安打までは残り124安打。今季中の達成は依然として厳しい状況は変わらない。出場機会が限られるイチローの当面の目標は歴代最多本塁打記録(762本)を持つバリー・ボンズ(2935安打=元ジャイアンツ)超えとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る