ベーブ・ルース超えも…イチローに懸念される出場機会激減

公開日:  更新日:

 イチロー(41)は22日(日本時間23日)のオリオールズ戦に「7番・左翼」で6戦ぶりのスタメン出場。二回の第1打席で左前打を放ち、通算2874安打とし、ベーブ・ルース(同2873安打)の記録を抜いた。

 大記録を達成しても出場機会は激減しそうだ。

 成績不振を理由に解任されたレドモンド監督の後釜にダン・ジェニングズ監督が就任。20、21日のダイヤモンドバックス戦では、2戦連続で出番がなかった。

 前監督は先発投手の代打にイチローの起用を優先してきたが、新指揮官は2戦連続で若手野手のソラーノ(27)を使った。19日の初陣ではバウアー(27)を今季初の4番で起用するなど、これまで出場機会の少なかった選手にチャンスを与えている。

 マーリンズはここまで16勝26敗(勝率3割8分1厘)で首位ナショナルズとは8.5ゲーム差でナ・リーグ東地区最下位(21日終了時)。今後もチーム状態が上向かず、ポストシーズン進出争いから脱落すれば、主力を放出したり、若手への切り替えを図るのがこの球団の常套手段だ。ジェニングズ監督の若手優先の選手起用に拍車がかかる可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る