代打起用を監督に進言 イチローの“後ろ盾”は新ベンチコーチ

公開日:  更新日:

 首脳陣の交代は吉と出そうだ。

 レドモンド前監督はイチローを先発投手の代打として優先的に起用してきたが、指揮官が交代してしばらくは立場が一転。イチローに代わって投手の代打には控え内野手のボーアらが送られていた。ここに来て再び代打として使われるようになったのは新たに就任したマイク・ゴフ・ベンチコーチの存在が大きいという。

 ダン・ジェニングス新監督から招聘されたゴフ・ベンチコーチは05~07年、マリナーズで一塁ベースコーチを務めた。チーム内では当時のジョン・マクラーレン監督らとともに数少ないイチローの理解者だった。

 現在はコーチ経験すらない指揮官に代わってゴフ・コーチがベンチからサインを出す機会も増えている。ゴフ・コーチの存在がイチローの起用法にも影響しているのは明らか。ジェニングス監督はセオリーを重視するタイプだが、24日のオリオールズ戦で左腕マティスに対して代打で起用したのはベンチコーチが進言したからだという。

 依然として「4人目の外野手」に変わりはないが、ベンチの肥やしになることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る