• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代打起用を監督に進言 イチローの“後ろ盾”は新ベンチコーチ

 首脳陣の交代は吉と出そうだ。

 レドモンド前監督はイチローを先発投手の代打として優先的に起用してきたが、指揮官が交代してしばらくは立場が一転。イチローに代わって投手の代打には控え内野手のボーアらが送られていた。ここに来て再び代打として使われるようになったのは新たに就任したマイク・ゴフ・ベンチコーチの存在が大きいという。

 ダン・ジェニングス新監督から招聘されたゴフ・ベンチコーチは05~07年、マリナーズで一塁ベースコーチを務めた。チーム内では当時のジョン・マクラーレン監督らとともに数少ないイチローの理解者だった。

 現在はコーチ経験すらない指揮官に代わってゴフ・コーチがベンチからサインを出す機会も増えている。ゴフ・コーチの存在がイチローの起用法にも影響しているのは明らか。ジェニングス監督はセオリーを重視するタイプだが、24日のオリオールズ戦で左腕マティスに対して代打で起用したのはベンチコーチが進言したからだという。

 依然として「4人目の外野手」に変わりはないが、ベンチの肥やしになることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る