8億円も投じたのに リオ五輪“日本村”が不人気だった理由

公開日: 更新日:

 日本勢史上最多41個のメダルを獲得したリオ五輪。その原動力のひとつとされたのが「日本村」。「ハイパフォーマンスサポート・センター(HPSC)」と名づけられていたこの施設には、日本食を提供する食堂、炭酸泉ジャグジーのあるスパやサウナ、プール、トレーニング場、高速の光回線を引いた映像分析ルームなどが完備されていた。100人以上のスタッフが常駐。国費約8億1000万円を投じた肝いりの施設だった。

 至れり尽くせりの環境を整えたのだから、ほとんどの選手が利用したのかと思いきや、あるメダリストはこう言っていた。

「僕は一度も行きませんでした。歩いて行けるような場所ならまだしも、車やバスじゃないと行けない。リオは治安の悪さも問題になっていたので、そこで何かに巻き込まれたらリスクが大きすぎる。それで行くのはやめました。周りのメダリストも『一回行って遠いからやめた』と言う人が結構いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る