研究者に聞く 「ミトコンドリア」でマラソンは速くなる?

公開日:

 今年もマラソンの季節到来だが、国内におけるマラソンは不思議なもので、以前より記録が落ちている。低酸素トレーニングやサプリメントなども多数開発され、昔より記録が伸びてもいい環境にありながら、男子(02年高岡寿成=2時間6分16秒)も女子(05年野口みずき=2時間19分12秒)も日本記録は今も破られていない。そんな国内の一部指導者が数年前から目をつけているのが「ミトコンドリア」だ。高校の生物の教科書などで名前や写真を見た記憶があるかもしれないが、「ミトコンドリア」がマラソンランナーの能力に深く関わっていることは、一般の人にあまり知られていない。そこで、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の鈴木良雄先任准教授にミトコンドリアについて話を聞いた。

■酸素摂取量がアップ

――そもそもミトコンドリアとはどういうものですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る