いくら入っているのか大相撲「懸賞金」 力士の取り分は?

公開日: 更新日:

「土俵にはカネが埋まっている」

 と弟子に言ったのは故・二子山親方(元横綱若乃花)。中でも勝ち力士が受け取る懸賞金は、最も単純明快なカネだ。

 のぼり1本につきのし袋に入っている現金は3万円。しかし、懸賞を出す企業が支払うのは1本につき6万2000円。5300円は必要経費等、相撲協会の取り分になる。残り5万6700円は力士のフトコロに入るが、その場で受け取れるのはのし袋に入った税込みの3万円のみ。2万6700円は納税充当金として協会が本人名義で積み立て、税金が払えない時などにここから支払い、余った分は引退時にまとめて渡される。

 人気力士や横綱ほど、その数も増える。特にNHK中継で最も注目される結びの一番には、数十本ののぼりが土俵を回ることも珍しくない。過去最多は今年の初場所、白鵬鶴竜にかけられた61本。勝った白鵬は183万円を手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る