いくら入っているのか大相撲「懸賞金」 力士の取り分は?

公開日:  更新日:

「土俵にはカネが埋まっている」

 と弟子に言ったのは故・二子山親方(元横綱若乃花)。中でも勝ち力士が受け取る懸賞金は、最も単純明快なカネだ。

 のぼり1本につきのし袋に入っている現金は3万円。しかし、懸賞を出す企業が支払うのは1本につき6万2000円。5300円は必要経費等、相撲協会の取り分になる。残り5万6700円は力士のフトコロに入るが、その場で受け取れるのはのし袋に入った税込みの3万円のみ。2万6700円は納税充当金として協会が本人名義で積み立て、税金が払えない時などにここから支払い、余った分は引退時にまとめて渡される。

 人気力士や横綱ほど、その数も増える。特にNHK中継で最も注目される結びの一番には、数十本ののぼりが土俵を回ることも珍しくない。過去最多は今年の初場所、白鵬―鶴竜にかけられた61本。勝った白鵬は183万円を手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る