いくら入っているのか大相撲「懸賞金」 力士の取り分は?

公開日: 更新日:

「土俵にはカネが埋まっている」

 と弟子に言ったのは故・二子山親方(元横綱若乃花)。中でも勝ち力士が受け取る懸賞金は、最も単純明快なカネだ。

 のぼり1本につきのし袋に入っている現金は3万円。しかし、懸賞を出す企業が支払うのは1本につき6万2000円。5300円は必要経費等、相撲協会の取り分になる。残り5万6700円は力士のフトコロに入るが、その場で受け取れるのはのし袋に入った税込みの3万円のみ。2万6700円は納税充当金として協会が本人名義で積み立て、税金が払えない時などにここから支払い、余った分は引退時にまとめて渡される。

 人気力士や横綱ほど、その数も増える。特にNHK中継で最も注目される結びの一番には、数十本ののぼりが土俵を回ることも珍しくない。過去最多は今年の初場所、白鵬鶴竜にかけられた61本。勝った白鵬は183万円を手にした。

 とはいえ、懸賞が多いからといって喜んでもいられない。「ロボコップ」で人気を博した高見盛(現振分親方)には、永谷園から取組ごとに必ず5本の懸賞がかけられていた。勝てば最低15万円は手に入るというのは対戦相手も同じ。実力を評価されながら最高位小結で引退したのは、懸賞金目当ての力士から標的にされ続けたからという声もある。

 ちなみに懸賞を出せるのは企業や団体のみ。基本的に個人名は不可能だ。例外は13年11月場所で元ビートルズポール・マッカートニーの出した懸賞。当時発売中のアルバム「NEW」の宣伝のため、「ポール・マッカートニー、NEW発売中」という館内アナウンスが場内に流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる