リオ・パラ組織委が4億円超未払い金 IPCは法的手段も検討

公開日: 更新日:

 南米初の平和の祭典が負債に苦しんでいる。

 リオデジャネイロ・パラリンピック大会組織委員会が国際パラリンピック委員会(IPC)からの借入金370万ドル(約4億2500万円)の支払いが滞っているというのだ。英国営放送BBC(電子版)が13日に伝えている。

 記事によれば、組織委は各国・地域選手団の大会派遣費用としてIPCから370万ドルを借り入れた。両者の取り決めにより分割で返済することになっていたが、支払われたのは1度だけで、以降は未払いだという。IPCではリオのパエス市長に支援を求める文書を送付。今後は法的手段に訴えることも検討しており、IOCのスペンス広報部長はBBCの取材に「非常に失望している」とコメントしている。

 組織委では銀行口座を凍結されるなど、資金繰りが悪化した事情もあり、IPCに対して支払いの猶予を求めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る