リオ・パラ組織委が4億円超未払い金 IPCは法的手段も検討

公開日:  更新日:

 南米初の平和の祭典が負債に苦しんでいる。

 リオデジャネイロ・パラリンピック大会組織委員会が国際パラリンピック委員会(IPC)からの借入金370万ドル(約4億2500万円)の支払いが滞っているというのだ。英国営放送BBC(電子版)が13日に伝えている。

 記事によれば、組織委は各国・地域選手団の大会派遣費用としてIPCから370万ドルを借り入れた。両者の取り決めにより分割で返済することになっていたが、支払われたのは1度だけで、以降は未払いだという。IPCではリオのパエス市長に支援を求める文書を送付。今後は法的手段に訴えることも検討しており、IOCのスペンス広報部長はBBCの取材に「非常に失望している」とコメントしている。

 組織委では銀行口座を凍結されるなど、資金繰りが悪化した事情もあり、IPCに対して支払いの猶予を求めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る