津田俊樹
著者のコラム一覧
津田俊樹国士舘大政経学部 非常勤講師

1975年4月産経新聞入社、プロ野球、五輪担当記者を経て運動部長、論説委員などを歴任。18年3月産経新聞を退職。元立命館大経営学部客員教授。現在、国士舘大政経学部非常勤講師(メディア論、マスコミ論)。「関学・京大・立命 アメフト三国志」(産経新聞出版)の監修に携わる。

<3>悪質タックル問題の背後でうごめく「日本版NCAA」利権

公開日: 更新日:

 新組織に加盟するか、しないかは大学の判断に委ねられる。日米のスポーツ事情に詳しい関係者は「今まで関心が薄かった大学も今回の件をきっかけに考え直すのではないか」と分析、次のように注文をつける。

「日本版NCAA創設をビジネスチャンスととらえる企業には追い風になるだろう。ただ、莫大な資金が動き、利権が絡んでいる。新聞は安易に賛同するのではなく、監視の目を強めてほしい」

 そういえば、スポーツ庁の鈴木大地長官は、問題の映像にいち早く反応して「このタックルはいかがなものか」とツイッターに投稿。定例会見でも「安心、安全なスポーツ環境を整備していくことが重要」と語っていた。悪質タックル問題の背後で何かがうごめいているのかもしれない。その何かを暴き、赤裸々に伝えるのがメディアの使命である。

(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  10. 10

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

もっと見る