津田俊樹
著者のコラム一覧
津田俊樹国士舘大政経学部 非常勤講師

1975年4月産経新聞入社、プロ野球、五輪担当記者を経て運動部長、論説委員などを歴任。18年3月産経新聞を退職。元立命館大経営学部客員教授。現在、国士舘大政経学部非常勤講師(メディア論、マスコミ論)。「関学・京大・立命 アメフト三国志」(産経新聞出版)の監修に携わる。

<2>世論を味方に付けた関学大 SNSの映像拡散が背中押した

公開日:

 日大アメリカンフットボール部といえば、ショットガン・フォーメーションがお家芸。簡単にいえば、QB(クオーターバック)からのパスを受けるレシーバーが散弾のように散らばり、どの選手がキャッチするか分からないようにして、相手ディフェンスをかく乱する作戦である。

 今回の悪質タックル問題で、日大の内田正人前監督、井上奨前コーチに加え、大学本部の広報までが対応を誤り、失点を重ねた。部員は何があっても守ってくれると信頼していた司令官に後ろから撃たれているような状況に追い込まれている。裏切られた思い、喪失感は計り知れない。

 対する関学大はマスコミ対応の主導権を握り、世論を味方につけた。記者会見に登場する鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターに称賛の声が聞かれる。

 だが、関学大側もスタートで出遅れた。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に引っ張られての“参戦”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る