• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
津田俊樹
著者のコラム一覧
津田俊樹国士舘大政経学部 非常勤講師

1975年4月産経新聞入社、プロ野球、五輪担当記者を経て運動部長、論説委員などを歴任。18年3月産経新聞を退職。元立命館大経営学部客員教授。現在、国士舘大政経学部非常勤講師(メディア論、マスコミ論)。「関学・京大・立命 アメフト三国志」(産経新聞出版)の監修に携わる。

<1>現場では「潰せ」「ぶっ倒せ」は日常的に飛び交う

「このチームには殺人本能をもったヤツはいないのか」

 NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の49ersなどで活躍、パスキャッチ歴代2位の1万5934ヤードの記録を持つWR(ワイドレシーバー)テレル・オーウェンスの言葉である。低迷するチームにキレて、コーチや選手に向かって怒りをあらわにしたのだ。

 トラブルメーカーとして、悪名を馳せた選手の暴言と受け取られるかもしれないが、勝利へのパッションのほどが伝わってくる。今年2月、殿堂入りのメンバーに選出された。

 日本のカレッジフットボール界は日大アメフト部の悪質タックル問題で大揺れである。当該選手は学生日本代表に選ばれ、昨年の甲子園ボウルでも活躍するなど将来を嘱望されるプレーヤーだった。

「QB(クオーターバック)を潰してこい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る