津田俊樹
著者のコラム一覧
津田俊樹国士舘大政経学部 非常勤講師

1975年4月産経新聞入社、プロ野球、五輪担当記者を経て運動部長、論説委員などを歴任。18年3月産経新聞を退職。元立命館大経営学部客員教授。現在、国士舘大政経学部非常勤講師(メディア論、マスコミ論)。「関学・京大・立命 アメフト三国志」(産経新聞出版)の監修に携わる。

<1>現場では「潰せ」「ぶっ倒せ」は日常的に飛び交う

公開日: 更新日:

「このチームには殺人本能をもったヤツはいないのか」

 NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の49ersなどで活躍、パスキャッチ歴代2位の1万5934ヤードの記録を持つWR(ワイドレシーバー)テレル・オーウェンスの言葉である。低迷するチームにキレて、コーチや選手に向かって怒りをあらわにしたのだ。

 トラブルメーカーとして、悪名を馳せた選手の暴言と受け取られるかもしれないが、勝利へのパッションのほどが伝わってくる。今年2月、殿堂入りのメンバーに選出された。

 日本のカレッジフットボール界は日大アメフト部の悪質タックル問題で大揺れである。当該選手は学生日本代表に選ばれ、昨年の甲子園ボウルでも活躍するなど将来を嘱望されるプレーヤーだった。

「QB(クオーターバック)を潰してこい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る