危機管理のプロが指摘 日本大学の記者会見はなぜ失敗した

公開日: 更新日:

 日本大学の広報部がまっとうな危機管理と真逆の対応を行った。アメフト部員による悪質プレーがあった後、2週間以上も記者会見を行わなかったばかりか、大学に押し寄せる記者には「法人としてお話しすることはない」と木で鼻をくくった対応。守るべき学生を守らず、対応が後手後手に回っている。ようやく開いた内田正人前監督の会見では司会役の広報職員がマスコミとひと悶着を起こし、火に油を注ぐ始末だった。

 思い起こせば2000年7月、集団食中毒事件を起こした雪印乳業の石川哲郎社長が「寝てないんだよ!」と逆ギレする失言を犯した。その後の雪印食品による牛肉偽装もあり、同社は事実上の解体。戦後企業史に残る汚点として知られるが、その教訓から日大は一切学んでいないようだ。

 そもそも日大にはリスクマネジメントを研究する「危機管理学部」がある。だが、教授20人のうち12人が公官庁などからの天下り。防衛省が4人で最も多く、警察庁、国交省、法務省のほか、読売新聞の元記者も名を連ねる。教授クラスの報酬は1500万円程度で、この人事権を握っているのが内田前監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る