危機管理のプロが指摘 日本大学の記者会見はなぜ失敗した

公開日: 更新日:

 日本大学の広報部がまっとうな危機管理と真逆の対応を行った。アメフト部員による悪質プレーがあった後、2週間以上も記者会見を行わなかったばかりか、大学に押し寄せる記者には「法人としてお話しすることはない」と木で鼻をくくった対応。守るべき学生を守らず、対応が後手後手に回っている。ようやく開いた内田正人前監督の会見では司会役の広報職員がマスコミとひと悶着を起こし、火に油を注ぐ始末だった。

 思い起こせば2000年7月、集団食中毒事件を起こした雪印乳業の石川哲郎社長が「寝てないんだよ!」と逆ギレする失言を犯した。その後の雪印食品による牛肉偽装もあり、同社は事実上の解体。戦後企業史に残る汚点として知られるが、その教訓から日大は一切学んでいないようだ。

 そもそも日大にはリスクマネジメントを研究する「危機管理学部」がある。だが、教授20人のうち12人が公官庁などからの天下り。防衛省が4人で最も多く、警察庁、国交省、法務省のほか、読売新聞の元記者も名を連ねる。教授クラスの報酬は1500万円程度で、この人事権を握っているのが内田前監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る