危機管理のプロが指摘 日本大学の記者会見はなぜ失敗した

公開日:

 日本大学の広報部がまっとうな危機管理と真逆の対応を行った。アメフト部員による悪質プレーがあった後、2週間以上も記者会見を行わなかったばかりか、大学に押し寄せる記者には「法人としてお話しすることはない」と木で鼻をくくった対応。守るべき学生を守らず、対応が後手後手に回っている。ようやく開いた内田正人前監督の会見では司会役の広報職員がマスコミとひと悶着を起こし、火に油を注ぐ始末だった。

 思い起こせば2000年7月、集団食中毒事件を起こした雪印乳業の石川哲郎社長が「寝てないんだよ!」と逆ギレする失言を犯した。その後の雪印食品による牛肉偽装もあり、同社は事実上の解体。戦後企業史に残る汚点として知られるが、その教訓から日大は一切学んでいないようだ。

 そもそも日大にはリスクマネジメントを研究する「危機管理学部」がある。だが、教授20人のうち12人が公官庁などからの天下り。防衛省が4人で最も多く、警察庁、国交省、法務省のほか、読売新聞の元記者も名を連ねる。教授クラスの報酬は1500万円程度で、この人事権を握っているのが内田前監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る