津田俊樹
著者のコラム一覧
津田俊樹国士舘大政経学部 非常勤講師

1975年4月産経新聞入社、プロ野球、五輪担当記者を経て運動部長、論説委員などを歴任。18年3月産経新聞を退職。元立命館大経営学部客員教授。現在、国士舘大政経学部非常勤講師(メディア論、マスコミ論)。「関学・京大・立命 アメフト三国志」(産経新聞出版)の監修に携わる。

<3>悪質タックル問題の背後でうごめく「日本版NCAA」利権

公開日: 更新日:

 テレビ局はアメフトへの関心が薄かったのに衝撃的な映像に飛びつき、試合を見たこともないタレントのコメントを放送する。“腰の軽さ”がテレビ局の特徴とはいえ、真相に迫ることにはならない。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に先行された新聞は追いつこうと、もがいている。

■メディアは監視の目も強めるべき

 今回の件とスポーツ庁を連動させた記事を取り上げてみる。同庁は来春、全米大学体育協会(NCAA)をモデルにした大学スポーツの統括組織「日本版NCAA」創設を目指している。

 26日付の朝日新聞は「日大の対応が後手に回ったことは、大学が運動部へのガバナンス(統治)を発揮できていない現状を浮き彫りにしている」と指摘したうえで「部の統治を大学ができない以上、統括組織の関与が必要なことを示している」と日本版NCAA創設を促している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る