「83 1/4歳の素晴らしき日々」ヘンドリック・フルーン著、長山さき訳

公開日: 更新日:

 83歳のヘンドリックはアムステルダムの老人ホームで暮らしている。毎月第3月曜には文化的な催しがあるが、タダだから聴きに来る程度のシロモノだ。

 ある日、文化が施設内にないなら施設外に求めようと、反乱グループ「オマニド(年寄りだが死んではいない、の意)」クラブを結成した。

「アルコール飲料は、約束どおり1人2杯までとするよう、ご留意ください」という張り紙が掲示されたが、そんな約束をしたことはない。

 酒も飲めば、恋もする。高福祉国家オランダの、反骨精神旺盛な老人のスラップスティックな日常を描く小説。

 (集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る