「ヘンリー・ダーガー非現実を生きる」小出由紀子編著

公開日: 更新日:

■孤独な老人が60年をかけて構築した幻想の「王国」

 1973年、シカゴの病院で雑役夫として働き続けてきた天涯孤独の老人が81歳でこの世に別れを告げた。彼が暮らしたわずか20平方メートルの小さな部屋には、トラック2台分のごみとともにトランクの中に詰められた1万5000ページを超える長大な小説と、その物語を図解する巨大な画集が残されていた。

 その作品に芸術的価値を見いだした大家の努力によって、死後20年を経た90年代に世界で認知され注目されるようになったその人ヘンリー・ダーガー(1892年生まれ)と彼の作品世界を紹介するアートブック。

 幼くして母を亡くし、孤児院や障害者の養護施設で育った彼が誰に読ませるわけでもなく、こつこつと60年かけて書き上げた小説は「非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語 子供奴隷の反乱に起因するグランデコ―アンジェリニアン戦争の嵐の物語」という。そこに描かれているのは、悪魔を信奉し、子供を奴隷にして虐待するグランデリニア国と、子供奴隷制度の廃止を求めるキリスト教の国々との間で繰り広げられた戦争の歴史だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る