「老老戦記」清水義範著

公開日: 更新日:

 54歳の源吾は、自宅を改装してグループホームを開設。現在、7人の老人が入所している。徘徊(はいかい)などの重症者はいないが、それぞれに老人特有の症状はある。

 ある日、ほかのホームとの対抗クイズ大会が開かれることになり、自称知性派の田所は張り切るが、大会はボケた解答をする老人たちをバカにするために開かれるという介護士の噂話を耳にして激怒。仲間たちとわざとトンチンカンな解答をしてやろうと示し合わせる。大会当日、田所たちのペースに巻き込まれ、相手チームもトンチンカンな解答を連発。痛快な気分を味わった田所たちは元気を取り戻し、次は海外旅行に出かけてみようと盛り上がる。

 登場人物の行動が次第にエスカレートしていく過激な老人小説。

(新潮社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る