「老老戦記」清水義範著

公開日:  更新日:

 54歳の源吾は、自宅を改装してグループホームを開設。現在、7人の老人が入所している。徘徊(はいかい)などの重症者はいないが、それぞれに老人特有の症状はある。

 ある日、ほかのホームとの対抗クイズ大会が開かれることになり、自称知性派の田所は張り切るが、大会はボケた解答をする老人たちをバカにするために開かれるという介護士の噂話を耳にして激怒。仲間たちとわざとトンチンカンな解答をしてやろうと示し合わせる。大会当日、田所たちのペースに巻き込まれ、相手チームもトンチンカンな解答を連発。痛快な気分を味わった田所たちは元気を取り戻し、次は海外旅行に出かけてみようと盛り上がる。

 登場人物の行動が次第にエスカレートしていく過激な老人小説。

(新潮社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る