重松清 中上健次に目かけられた早稲田四畳一間の下宿時代

公開日:  更新日:

 根っからの文学青年じゃなかったし、大学3年で早稲田文学に入るまでは全く本を読んでいなかった。編集部の仲間の会話に全然入れなくて、それが悔しくてね。彼らの会話に出てきた作家名や小説名は暗記して、その日のうちに図書館や古本屋に駆け込んで夢中になって読む、読む、そしてまた読む。さあ、もう大丈夫だ、分かったぞって、会話に入ろうとする頃にはもう別の話になっている。そんな日々の繰り返しだった。

 学生時代の奨学金は特別奨学生で3万9000円ほどあったけど、大学3年生からは全額、本代に充てた。あんなに一生懸命に本を読んだことはなかったよ。当時買い集めた本はいまだに捨てられず、書斎の一部を占領している。しおり代わりに使った箸の袋やコンビニのレシートも含めて、この先も捨てられないだろうな。

 早稲田大学に入ったんだけど、早稲田文学を卒業したような、そんな気持ち。1984年にこんな格好で原稿用紙を埋めていた学生は何万人もいた。その中で俺はたまたま掬われたんだと思う。現在、こうして物書きでいられるのは才能もあったかもしれないけど、巡り合わせもある。だれかが俺のあみだくじのいいところに、一本、足してくれたんだよ。

▽しげまつ・きよし 1963年、岡山県生まれ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。今年11月、「ゼツメツ少年」(新潮社)で第68回毎日出版文化賞(文学・芸術部門)受賞。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る