歌手・森山愛子さん 「デビュー前は猪木事務所のOLだったんです」

公開日:  更新日:

 演歌ファンには、氷川きよしらを育てた作曲家水森英夫の弟子として、若者世代には、土曜のTBS系「王様のブランチ」のリポーターとしての印象が強いかもしれない。今年でデビュー10周年を迎えた歌手、森山愛子。秘蔵写真はデビュー直前、アントニオ猪木(71)とのショットだ。

♪南国土佐を後にして~都へ来てから幾歳ぞ~

 あの大きな手でマイクを握り、猪木会長が十八番であるペギー葉山さんの「南国土佐を後にして」を披露されたのを覚えています。伸びのあるステキな声色に感激して拍手すると、鈴木三重子さんのヒット曲「愛ちゃんはお嫁に」をリクエストくださり、私は力いっぱい歌いました。会長には、「うまい」って褒められて、最高にうれしかった。

 プロレスとも政治とも無縁の私がどうして、猪木さんを会長と呼ぶのか、不思議に思われるかもしれません。実は私、猪木事務所の元OLなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る