歌手・森山愛子さん 「デビュー前は猪木事務所のOLだったんです」

公開日:  更新日:

 演歌ファンには、氷川きよしらを育てた作曲家水森英夫の弟子として、若者世代には、土曜のTBS系「王様のブランチ」のリポーターとしての印象が強いかもしれない。今年でデビュー10周年を迎えた歌手、森山愛子。秘蔵写真はデビュー直前、アントニオ猪木(71)とのショットだ。

♪南国土佐を後にして~都へ来てから幾歳ぞ~

 あの大きな手でマイクを握り、猪木会長が十八番であるペギー葉山さんの「南国土佐を後にして」を披露されたのを覚えています。伸びのあるステキな声色に感激して拍手すると、鈴木三重子さんのヒット曲「愛ちゃんはお嫁に」をリクエストくださり、私は力いっぱい歌いました。会長には、「うまい」って褒められて、最高にうれしかった。

 プロレスとも政治とも無縁の私がどうして、猪木さんを会長と呼ぶのか、不思議に思われるかもしれません。実は私、猪木事務所の元OLなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る