「その気にさせられ…」西岡徳馬がホレた太地喜和子の艶演技

公開日:  更新日:

 今でこそテレビドラマにも頻繁に登場する西岡徳馬さん(67)だが、元はバリバリの舞台役者。文学座に入団してわずか3年目の1972年、「ロミオとジュリエット」の主役に抜擢されたときのワンシーンが、このモノクロ写真だ。ジュリエット役は、92年に亡くなった太地喜和子さん。迫真の表情には、どんな思い出が詰まっているのか。

「この写真は昭和47年の5月だったと思います。信濃町(新宿区)にある文学座アトリエで、『シェイクスピア・フェスティバル』と銘打った公演がありまして。シェークスピア3部作『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『トロイラスとクレシダ』を、4月から6月にかけて一挙上演したんですね。『ロミオとジュリエット』は、オレと太地喜和子さん。『ハムレット』は確か、江守徹さんだったと記憶してます。文学座に入って3年目を迎えたときでした」

 玉川大学文学部芸術学科演劇専攻で4年間、芝居漬けの生活を送った西岡さんは、卒業後、文学座に入団した。それも、通常のルートは養成所~研究生~劇団員なのに、いきなり研究生からスタート。1000人が養成所試験を受験したと仮定した場合、研究生に上がれるのは5、6人で、晴れて劇団員になれるのは1人か2人、といわれるほどの狭き門。よほど才能があったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る