「その気にさせられ…」西岡徳馬がホレた太地喜和子の艶演技

公開日: 更新日:

 今でこそテレビドラマにも頻繁に登場する西岡徳馬さん(67)だが、元はバリバリの舞台役者。文学座に入団してわずか3年目の1972年、「ロミオとジュリエット」の主役に抜擢されたときのワンシーンが、このモノクロ写真だ。ジュリエット役は、92年に亡くなった太地喜和子さん。迫真の表情には、どんな思い出が詰まっているのか。

「この写真は昭和47年の5月だったと思います。信濃町(新宿区)にある文学座アトリエで、『シェイクスピア・フェスティバル』と銘打った公演がありまして。シェークスピア3部作『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『トロイラスとクレシダ』を、4月から6月にかけて一挙上演したんですね。『ロミオとジュリエット』は、オレと太地喜和子さん。『ハムレット』は確か、江守徹さんだったと記憶してます。文学座に入って3年目を迎えたときでした」

 玉川大学文学部芸術学科演劇専攻で4年間、芝居漬けの生活を送った西岡さんは、卒業後、文学座に入団した。それも、通常のルートは養成所~研究生~劇団員なのに、いきなり研究生からスタート。1000人が養成所試験を受験したと仮定した場合、研究生に上がれるのは5、6人で、晴れて劇団員になれるのは1人か2人、といわれるほどの狭き門。よほど才能があったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり