山本一力 売れない時代の胃袋を満たしたアラ煮の思い出

公開日: 更新日:

 直木賞作家の山本一力さん(66)は下町をこよなく愛し、江戸の人情物を数多く世に送り出している。時代小説の名人が取り出した一枚の写真には、大きなタラバガニを囲むように山本さん家族がほほ笑む姿が写っていた。

「97年にオール読物新人賞を頂いたとき、その号に『1万円で買えるものをなんでもご用意ください』という企画があったんだよ。その企画に新人の私も呼ばれてね。その1万円で買ったのが、この写真のタラバガニ。普通の魚屋では、1万円でも買えないと思うよ」

■カツオ1本とホヤつきで1万円

 その魚屋は、いまも砂町銀座商店街にある「魚勝」で、奥さんは店の常連客だった。
「新人賞を頂いた頃は、ちょうど嘱託で働いていた会社の契約が切れて毎月食うのも大変な時代だった。なじみの警備会社のカタログや機内誌の原稿を書いたりして、アルバイトは何でもやった。魚勝は安くていいものを売る魚屋さん。カミさんはそういうところでやりくりして家計を支えてくれた。タイのアラは一舟100円とか150円だから、買うのはタイもヒラメもアラだけ。カミさんは店で『アラ女』って呼ばれていたんだ。その『アラ女』が<1万円で何かいいものを>なんて言ったもんだから、気張ってくれたんだろうね。すさまじくデカいのを出してくれた。しかもオマケしてもらって7000円。写真には写っていないけど、丸(一本)のカツオとホヤをつけてやっと1万円使い切ったんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る