• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山本一力 売れない時代の胃袋を満たしたアラ煮の思い出

 直木賞作家の山本一力さん(66)は下町をこよなく愛し、江戸の人情物を数多く世に送り出している。時代小説の名人が取り出した一枚の写真には、大きなタラバガニを囲むように山本さん家族がほほ笑む姿が写っていた。

「97年にオール読物新人賞を頂いたとき、その号に『1万円で買えるものをなんでもご用意ください』という企画があったんだよ。その企画に新人の私も呼ばれてね。その1万円で買ったのが、この写真のタラバガニ。普通の魚屋では、1万円でも買えないと思うよ」

■カツオ1本とホヤつきで1万円

 その魚屋は、いまも砂町銀座商店街にある「魚勝」で、奥さんは店の常連客だった。
「新人賞を頂いた頃は、ちょうど嘱託で働いていた会社の契約が切れて毎月食うのも大変な時代だった。なじみの警備会社のカタログや機内誌の原稿を書いたりして、アルバイトは何でもやった。魚勝は安くていいものを売る魚屋さん。カミさんはそういうところでやりくりして家計を支えてくれた。タイのアラは一舟100円とか150円だから、買うのはタイもヒラメもアラだけ。カミさんは店で『アラ女』って呼ばれていたんだ。その『アラ女』が<1万円で何かいいものを>なんて言ったもんだから、気張ってくれたんだろうね。すさまじくデカいのを出してくれた。しかもオマケしてもらって7000円。写真には写っていないけど、丸(一本)のカツオとホヤをつけてやっと1万円使い切ったんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る