重松清 中上健次に目かけられた早稲田四畳一間の下宿時代

公開日:  更新日:

 1984年冬、早稲田大学に通うシゲマツ青年が、自身の下宿先にて卒業論文に追われる様子を撮った一枚。「作家・重松清」となる原点がそこにある。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 早稲田にあった4畳半一間の下宿。学生時代の4年間、ずうっとここでお世話になりました。1階に川俣サンという大家さんが住んでいて、住所も「川俣様方 重松清」。月1万5000円の家賃は当時でも破格で、大学から徒歩5分圏内という距離も魅力だったんだ。

 ビンボーな学生時代。捨ててあったヒーターなしのこたつを拾ってきて、早送りでもしようものならテープ自体がもつれちゃう“何ちゃってウォークマン”でタクローを聴きながら、「わかば」をふかしてた。この写真のドテラは、大学1年の頃に付き合っていたコからもらったもの。そのコと別れることになっても、ドテラはそばに“居て”くれた。ただ、愛用して3年目を迎えたこの時には湿気っちゃって、それはもう重たかったね。この頃、取り組んでいた卒論のテーマは中原中也。母校(山口県立山口高校)の先輩で勝手にご縁があるなあと。まあ、デキの悪いやつは大概、中原中也か梶井基次郎を選んでいた。だって、全集の巻数が圧倒的に少ないんだから。間違っても、全42巻ある三島由紀夫は選ばない。しかも詩集だからすんなり読破できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る