重松清 中上健次に目かけられた早稲田四畳一間の下宿時代

公開日: 更新日:

 1984年冬、早稲田大学に通うシゲマツ青年が、自身の下宿先にて卒業論文に追われる様子を撮った一枚。「作家・重松清」となる原点がそこにある。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 早稲田にあった4畳半一間の下宿。学生時代の4年間、ずうっとここでお世話になりました。1階に川俣サンという大家さんが住んでいて、住所も「川俣様方 重松清」。月1万5000円の家賃は当時でも破格で、大学から徒歩5分圏内という距離も魅力だったんだ。

 ビンボーな学生時代。捨ててあったヒーターなしのこたつを拾ってきて、早送りでもしようものならテープ自体がもつれちゃう“何ちゃってウォークマン”でタクローを聴きながら、「わかば」をふかしてた。この写真のドテラは、大学1年の頃に付き合っていたコからもらったもの。そのコと別れることになっても、ドテラはそばに“居て”くれた。ただ、愛用して3年目を迎えたこの時には湿気っちゃって、それはもう重たかったね。この頃、取り組んでいた卒論のテーマは中原中也。母校(山口県立山口高校)の先輩で勝手にご縁があるなあと。まあ、デキの悪いやつは大概、中原中也か梶井基次郎を選んでいた。だって、全集の巻数が圧倒的に少ないんだから。間違っても、全42巻ある三島由紀夫は選ばない。しかも詩集だからすんなり読破できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る