• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松下&向井だけじゃない…あの吹石一恵も“ゲゲゲ”が転機に

「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげるさん(享年93)が亡くなったことで、芸能界からも追悼の声が相次いでいる。

 水木さんの妻・武良布枝さん(83)が書いた自伝をもとにした朝ドラ「ゲゲゲの女房」(2010年、NHK)で主役を演じた松下奈緒(30)は「まさか大好きなお父ちゃんが……。当時を思い出すと涙があふれます」とコメントを発表すると、同ドラマの主題歌「ありがとう」を歌ったいきものがかりも「主題歌を歌わせていただいたことは多くの人々に自分たちの存在を知っていただく大きな転機になりました。感謝しかありません」と追悼した。

 「ゲゲゲ」でブレークして水木さんに足を向けて寝られない女優・俳優は数知れない。もちろん筆頭は松下奈緒だろう。

「ドラマデビューは04年で、『ゲゲゲ』をやるまで6年のキャリアがありましたが、それまで主役を演じたのは同じくNHKの『グッジョブ』ぐらい。それ以外はほとんどが端役かせいぜい3番手で、女優として伸び悩んでいた時期でした。それが『ゲゲゲ』をやってから状況が一変。同年の『紅白』で紅組司会を務めたほか、『CONTROL』(フジテレビ)、『熱中時代』(日本テレビ)、『二十四の瞳』(テレビ朝日)、『花の鎖』(フジ)などで主役を演じ、一気に売れっ子女優となったのです」(テレビ解説者の木村隆志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る