松下&向井だけじゃない…あの吹石一恵も“ゲゲゲ”が転機に

公開日:  更新日:

「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげるさん(享年93)が亡くなったことで、芸能界からも追悼の声が相次いでいる。

 水木さんの妻・武良布枝さん(83)が書いた自伝をもとにした朝ドラ「ゲゲゲの女房」(2010年、NHK)で主役を演じた松下奈緒(30)は「まさか大好きなお父ちゃんが……。当時を思い出すと涙があふれます」とコメントを発表すると、同ドラマの主題歌「ありがとう」を歌ったいきものがかりも「主題歌を歌わせていただいたことは多くの人々に自分たちの存在を知っていただく大きな転機になりました。感謝しかありません」と追悼した。

 「ゲゲゲ」でブレークして水木さんに足を向けて寝られない女優・俳優は数知れない。もちろん筆頭は松下奈緒だろう。

「ドラマデビューは04年で、『ゲゲゲ』をやるまで6年のキャリアがありましたが、それまで主役を演じたのは同じくNHKの『グッジョブ』ぐらい。それ以外はほとんどが端役かせいぜい3番手で、女優として伸び悩んでいた時期でした。それが『ゲゲゲ』をやってから状況が一変。同年の『紅白』で紅組司会を務めたほか、『CONTROL』(フジテレビ)、『熱中時代』(日本テレビ)、『二十四の瞳』(テレビ朝日)、『花の鎖』(フジ)などで主役を演じ、一気に売れっ子女優となったのです」(テレビ解説者の木村隆志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る