• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妖気漂わせ 水木しげるさんが語っていた後世へのメッセージ

「腹が減っても人は死なない」――。

 30日午前7時ごろ、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった水木しげるさん(享年93=本名・武良茂)。言わずと知れた昭和を代表する漫画家で、2010年に文化功労者に選ばれた。その前年の日刊ゲンダイ新春号のインタビューで、水木さんはこう語っていた。

 インタビューは08年冬に東京・調布の仕事場で行われた。折しも日本はリーマン・ショック直後で株価が大暴落、景気は大幅に後退していた。いつクビを切られるかと怯えるサラリーマンに向けたメッセージを求めると、「どんなに努力して、頑張っても、ダメなときはある」「あまり思い詰めずに、わが道を楽しんでほしい。たまには『なまけ者』になるのも、生きていくには必要ですよ」。

 当時すでに80代後半。記者の質問が聞き取れないこともあったが、時折、目をつぶって真剣に、丁寧に答えていた。ただならぬ“妖気”を漂わせつつ、手土産の人形焼きには満面の笑みを浮かべる大らかな人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る