妖気漂わせ 水木しげるさんが語っていた後世へのメッセージ

公開日:  更新日:

「腹が減っても人は死なない」――。

 30日午前7時ごろ、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった水木しげるさん(享年93=本名・武良茂)。言わずと知れた昭和を代表する漫画家で、2010年に文化功労者に選ばれた。その前年の日刊ゲンダイ新春号のインタビューで、水木さんはこう語っていた。

 インタビューは08年冬に東京・調布の仕事場で行われた。折しも日本はリーマン・ショック直後で株価が大暴落、景気は大幅に後退していた。いつクビを切られるかと怯えるサラリーマンに向けたメッセージを求めると、「どんなに努力して、頑張っても、ダメなときはある」「あまり思い詰めずに、わが道を楽しんでほしい。たまには『なまけ者』になるのも、生きていくには必要ですよ」。

 当時すでに80代後半。記者の質問が聞き取れないこともあったが、時折、目をつぶって真剣に、丁寧に答えていた。ただならぬ“妖気”を漂わせつつ、手土産の人形焼きには満面の笑みを浮かべる大らかな人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る