“伝説のマフィア”末裔が語る 日本ヤクザの風習と高倉健

公開日:

「完売店が続出し、部数は1万5000部を突破。すでにハリウッドをはじめ、国内外の大手映画会社30社から映像化のオファーが殺到しています」(担当編集の渡辺拓滋氏=双葉社編集局部長)

 映画「ゴッドファーザー」のモデルのひとりとされる伝説のマフィア、ラッキー・ルチアーノ。その末裔にして数年前まで山口組にも在籍したマリオ・ルチアーノ氏(54)が自伝「ゴッドファーザーの血」を上梓。先月25日に発売になるや各方面で話題になっている。現在は裏社会を引退して東京・茅場町でイタリアンレストランを経営するマリオ氏に話を聞いた。

「振り返ればよく生きてたなと。口の中に拳銃を入れられたことは4回あるし、刺されたこともある。けど今も生きている。偶然じゃない。これは神様が“次がある”と言ってくれているんです」

 マリオ氏の半生はまさに激動だ。イタリアのシチリアに生まれ、その後ニューヨークに移住。9歳のころからマフィアファミリーの“運び屋”になり、その後はパキスタン、フィリピンへ。23歳で来日してからは山口組の一員として貿易の仕事をメインに「経済ヤクザ」として活動してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る