“伝説のマフィア”末裔が語る 日本ヤクザの風習と高倉健

公開日: 更新日:

「完売店が続出し、部数は1万5000部を突破。すでにハリウッドをはじめ、国内外の大手映画会社30社から映像化のオファーが殺到しています」(担当編集の渡辺拓滋氏=双葉社編集局部長)

 映画「ゴッドファーザー」のモデルのひとりとされる伝説のマフィア、ラッキー・ルチアーノ。その末裔にして数年前まで山口組にも在籍したマリオ・ルチアーノ氏(54)が自伝「ゴッドファーザーの血」を上梓。先月25日に発売になるや各方面で話題になっている。現在は裏社会を引退して東京・茅場町でイタリアンレストランを経営するマリオ氏に話を聞いた。

「振り返ればよく生きてたなと。口の中に拳銃を入れられたことは4回あるし、刺されたこともある。けど今も生きている。偶然じゃない。これは神様が“次がある”と言ってくれているんです」

 マリオ氏の半生はまさに激動だ。イタリアのシチリアに生まれ、その後ニューヨークに移住。9歳のころからマフィアファミリーの“運び屋”になり、その後はパキスタン、フィリピンへ。23歳で来日してからは山口組の一員として貿易の仕事をメインに「経済ヤクザ」として活動してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る