“伝説のマフィア”末裔が語る 日本ヤクザの風習と高倉健

公開日:

「完売店が続出し、部数は1万5000部を突破。すでにハリウッドをはじめ、国内外の大手映画会社30社から映像化のオファーが殺到しています」(担当編集の渡辺拓滋氏=双葉社編集局部長)

 映画「ゴッドファーザー」のモデルのひとりとされる伝説のマフィア、ラッキー・ルチアーノ。その末裔にして数年前まで山口組にも在籍したマリオ・ルチアーノ氏(54)が自伝「ゴッドファーザーの血」を上梓。先月25日に発売になるや各方面で話題になっている。現在は裏社会を引退して東京・茅場町でイタリアンレストランを経営するマリオ氏に話を聞いた。

「振り返ればよく生きてたなと。口の中に拳銃を入れられたことは4回あるし、刺されたこともある。けど今も生きている。偶然じゃない。これは神様が“次がある”と言ってくれているんです」

 マリオ氏の半生はまさに激動だ。イタリアのシチリアに生まれ、その後ニューヨークに移住。9歳のころからマフィアファミリーの“運び屋”になり、その後はパキスタン、フィリピンへ。23歳で来日してからは山口組の一員として貿易の仕事をメインに「経済ヤクザ」として活動してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る