てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

恵まれた「人運」を引き寄せてきた木梨憲武の自由な行動力

公開日:

「べーさん。巷の噺を聞きに外に出てみました」(木梨憲武/テレビ東京「チマタの噺」4月17日放送)

「チマタの噺」は、笑福亭鶴瓶とゲストがスタジオでトークをする合間に、スタッフがロケをしてきた巷の人々の話がVTRで流れる番組だ。この日のゲスト、とんねるずの木梨憲武(56)は、そのVTRを見ながら、この取材も鶴瓶が行って欲しいと言う。

 今や木梨は大御所、行かなくていいにもかかわらず、面白い流れだと思ったら、周りを巻き込み、どんどん行動に移してしまうのだ。

 主演映画「いぬやしき」のプロモーション行脚で、木梨は各メディアに顔を出していたが、その中にTBSラジオの番組「ジェーン・スー 生活は踊る」(4月18日放送)があった。ここで22歳の男性リスナーから「自分にはどんな才能があるのか分からない。そもそも才能って何なのか? 自分がどんな仕事に就いたらいいのか分からない」という悩み相談が寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る