てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

恵まれた「人運」を引き寄せてきた木梨憲武の自由な行動力

公開日: 更新日:

「べーさん。巷の噺を聞きに外に出てみました」(木梨憲武テレビ東京「チマタの噺」4月17日放送)

「チマタの噺」は、笑福亭鶴瓶とゲストがスタジオでトークをする合間に、スタッフがロケをしてきた巷の人々の話がVTRで流れる番組だ。この日のゲスト、とんねるずの木梨憲武(56)は、そのVTRを見ながら、この取材も鶴瓶が行って欲しいと言う。

 今や木梨は大御所、行かなくていいにもかかわらず、面白い流れだと思ったら、周りを巻き込み、どんどん行動に移してしまうのだ。

 主演映画「いぬやしき」のプロモーション行脚で、木梨は各メディアに顔を出していたが、その中にTBSラジオの番組「ジェーン・スー 生活は踊る」(4月18日放送)があった。ここで22歳の男性リスナーから「自分にはどんな才能があるのか分からない。そもそも才能って何なのか? 自分がどんな仕事に就いたらいいのか分からない」という悩み相談が寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る