日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

グルメで健康志向! ヤックンをとりこにしたビストロ「ガンヴィーノ」の海鮮冷麺

 盛岡冷麺は、じゃじゃ麺、わんこそばと並ぶ盛岡三大麺のひとつ。渋谷にある「ガンヴィーノ」は独創的な冷麺が味わえる店として密かに人気を集めているビストロだ。

 場所は渋谷駅から10分ほど歩いた、青山学院大学の裏手。店名は岩手県の「岩(ガン)」と「ワイン(ヴィーノ)」に由来していて、岩手の食材をふんだんに使ったオリジナリティーあふれるフレンチイタリアンが魅力。

「岩手の食材をテーマにしたのは、震災後の復興に少しでも力になりたいと考えたから」と話すのは、岩手県出身のシェフ、遠藤悟さん。

「地元に何かいい食材はないかと探していて、たまたま出合ったのがこの冷麺でした。麺にワカメが練り込まれていて、食べてみるとフワッと磯の香りがする。これは魚介に合うのでは?と思い、地元の魚介を使った“海鮮冷麺”というアイデアがすぐに浮かびました。ビストロでワインを飲んだ後、最後は冷麺でシメる、そんな新しい提案をしてみようと考えたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事