ドランクドラゴンの鈴木拓が足しげく通うディープな中華料理店「満州王」

公開日: 更新日:

 実家が居酒屋で、自身も酒好きなドランクドラゴンの鈴木拓(39)が出入りしているのは、高円寺にある中華料理店「満州王」。

 場所は東高円寺駅から歩いてすぐの大通り沿い。満州出身の料理人が一人で切り盛りしている店で、鈴木のほかにも芸能人がよく足を運んでいる。

 驚くのは店構え。表に看板らしきものはなく、ボロボロの黄色い提灯が目印。狭い店内は雑然としていて、壁に張られたサインも油にまみれて変色している。バラエティー番組では“汚いけどおいしい店”として紹介されたこともあるほど、その汚さはお墨付き。ディープという形容詞がピッタリの店といえる。

 それでも人気が絶えないのは、とにかくウマさに尽きる。

 メニューは多彩。そのすべてが店主、王さんの手作りだ。オープンして約20年、“作りたての味”にこだわり続けてきたと言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る