新規事業は賛成されず 重要なのは反対や否定に負けない熱意

公開日:  更新日:

「プライマル」は、新規事業支援を専門とするコンサルタント集団の会社。ユニークなのは、本業のコンサルタント業の傍ら、社内で新規事業を立ち上げたり、起業したりする社員がいることだ。

 そのひとり、シニアマネジャーの池松邦倫氏(33)は宮本大嗣氏(29)と共に、終業後の時間や休日を使って、訪日・訪タイ旅行者向けのWi-Fiレンタルサービスを中心とした合弁会社「MANY ASIA」を設立した。社内では、それに関する新しい部署を立ち上げたことになる。

「独立したい」「新規事業を始めたい」と考えるビジネスマンは多いだろう。どうすれば両氏のように新規事業を企画・実施させることができるのか。経営的な勉強や社内の根回しなど、さぞかしさまざまなポイントがあるのだろうと思いきや、池松氏が強調するのはたった一点。

「熱意がすべて。絶対に立ち上げるという意志を持てるかどうか。逆に、これがなければ、どんなに詳細な事業計画書を立てようと、実現は難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る