過去にも似たトラブルが 横浜に建つマンションはなぜ傾く?

公開日:  更新日:

 横浜市のマンション傾斜問題は、全棟建て替えにまで発展した。渦中の物件は三井不動産レジデンシャルが06年に販売したものだが、横浜では過去にも同様のトラブルが起きている。住友不動産が03年に分譲したマンションも昨年、傾きが判明した。

 そもそも横浜は坂が多く、地中も急な傾斜になっているような土地柄。横浜市内で杭打ちをした経験のある福島工業高専の金子研一元教授は、NHKの取材に「10メートルほど離れると、地盤が4メートルくらい下がるのはよくある」と話していた。関東でもとりわけ複雑な地形とされる横浜に立つマンションを購入すること自体が、リスキーな選択だったともいえる。

■昔は不人気エリアだった

 住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう言う。

「昭和時代は坂が多く、複雑な地形の横浜は嫌われていて、住みたがる人は多くありませんでした。地震などの災害を考えると、不安に感じる人が少なくなかったのでしょう。もっとも、現在は建築技術が相当に進歩している。ボーリング調査をしっかりやり、キッチリと設計して建築した建物であれば、心配いりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る