過去にも似たトラブルが 横浜に建つマンションはなぜ傾く?

公開日: 更新日:

 横浜市のマンション傾斜問題は、全棟建て替えにまで発展した。渦中の物件は三井不動産レジデンシャルが06年に販売したものだが、横浜では過去にも同様のトラブルが起きている。住友不動産が03年に分譲したマンションも昨年、傾きが判明した。

 そもそも横浜は坂が多く、地中も急な傾斜になっているような土地柄。横浜市内で杭打ちをした経験のある福島工業高専の金子研一元教授は、NHKの取材に「10メートルほど離れると、地盤が4メートルくらい下がるのはよくある」と話していた。関東でもとりわけ複雑な地形とされる横浜に立つマンションを購入すること自体が、リスキーな選択だったともいえる。

■昔は不人気エリアだった

 住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう言う。

「昭和時代は坂が多く、複雑な地形の横浜は嫌われていて、住みたがる人は多くありませんでした。地震などの災害を考えると、不安に感じる人が少なくなかったのでしょう。もっとも、現在は建築技術が相当に進歩している。ボーリング調査をしっかりやり、キッチリと設計して建築した建物であれば、心配いりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る