• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家は「養殖頼る時代」危惧 天然サンマが食卓から消える日

 秋の味覚が日本から消滅するかもしれない――。全国のサンマ漁獲量は、漁が本格化した8月以降、およそ5万5000トンで、前年から半減した。

 記録的不漁だった2013年(およそ8万750トン)より少ないため、価格も品薄感により、市場では昨年の1.5倍に跳ね上がった。

 サンマ不漁の背景には2つの原因が浮かび上がる。「異常気象による海水温の変化」と「台湾、中国などの海外とのサンマ争奪戦」である。

「サンマは北海道のような冷たい海で水揚げされますが、温暖化による海水温の上昇で、漁獲される岸近くの水温が温かくなった。サンマの群れは水温の低い沖を回遊しているので、岸近くに来る資源量が激減したのです。また、公海でサンマ漁をする台湾や中国の大型漁船が大量に捕獲しているのです」(北大名誉教授の尼岡邦夫氏=魚類学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る