巨人賭博選手も観念 削除メールを復元する「電子鑑識」の実力

公開日:  更新日:

 ムダな抵抗だった。野球賭博を行っていた巨人の福田、笠原、松本の3選手は、日本野球機構の調査委員会の求めに応じ、メールやLINEのやりとりを削除したスマホを提出。しかし、データはあっさりと復元され、それが動かぬ証拠となり、悪巧みがバレてしまった。

 一連の騒ぎの中で、3人を追い詰める“武器”となったのが、「デジタルフォレンジック」と呼ばれるIT技術だ。日本語で「電子鑑識」と訳されるように犯罪捜査に駆使される。削除されたデータは、どこまで復元できるのか。「フォーカスシステムズ」サイバーフォレンジックセンターの担当者が言う。

「スマホの『削除』というのは名ばかりで、メールやラインのやりとりも画像も、その姿を見えなくしているだけ。中身は消えずに残っていることが多いので、この業界では削除のことを『ヘッダーを消す』といいます。だから、どんなデータでも、復元ソフトを使えば、簡単に復元できる可能性が高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る