• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

意外や意外 「女性社長比率」で青森県が全国トップのナゼ

 青森県はかかあ天下――。こんな声が湧き起こりそうだ。

 帝国データバンクが発表した「全国女性社長分析」調査で、女性社長が一番多い県は青森県(10.19%)という結果が出た。以下、2位沖縄県(9.87%)、3位徳島県(9.81%)という順番だ。

 安倍政権は「女性活躍推進」を提唱しているが、大都会でなく、本州の最北端の地に女性社長が多いとは意外や意外。なぜこうなるのか。

 帝国データバンク青森支店長の安藤武仁氏は「男性が短命なことが関係している」と言う。厚労省の最新データ(10年)によると、同県の男性の平均寿命は77・28歳で全国最下位である。

「青森は中堅企業が多く、大半は同族経営です。こうした企業のうち成長が見込めない業種では、男性の社長が早死にしても子供が後を継がないケースが多い。そこで残された奥さんが後継社長となるため、女性社長の比率が高まったと思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る