市場規模は1220億円 急成長「ハロウィン需要」を専門家解説

公開日: 更新日:

「ネットオークションで競り落としたんです。もちろん、あのポーズをやりたくて」

 さる25日、史上最高の12万人の観客を集めた「カワサキハロウィン」。沿道でスター・ウォーズの隊列を見ていた男性(34)が、興奮気味にこう語った。あのポーズとは、この秋全国を沸かせたラガーマン・五郎丸歩選手(29)の“浣腸ポーズ”だ。しかし、オフィシャルのレプリカジャージーは品切れで、5割高い1万5000円で落札したという。

 隣にいた友人は「そこまでカネをかけたくない」と無地の白いTシャツに赤いラインを平行に縫いつけた手作りだ。代表のシンボル桜のマークは入手できず、手書き。製作費は「2000円」だが、「これを着て電車で帰るのは寒いし、恥ずかしいので、トイレで着替える」と笑っていた。

 古代ヨーロッパのケルト人が秋の収穫を祝って悪霊を追い払うために行ったとされるハロウィーンは、いよいよ31日が本番。日本には縁もゆかりもない祭りは、早いところは2カ月も前からダラダラとあちこちで開かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  5. 5

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  6. 6

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  7. 7

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  10. 10

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

もっと見る