今年も過熱フィーバー 日本人はなぜハロウィーンに狂うのか

公開日:  更新日:

 それにしても盛り上がり方が尋常じゃない。今年のハロウィーンは31日の本番に向け、早くもヒートアップしている。25日には東京・六本木や川崎市など各地で仮装パレードが開かれ、経済効果はもはやバレンタインデーをしのぐそうだ。仮装出勤や仮装登校を認める会社や学校まであるというが、チトやりすぎじゃないか。

 東京都も、ハロウィーン仕様のゴミ袋30万枚を無料配布。

「昨年のハロウィーン当日に2人の逮捕者が出た東京・渋谷駅周辺では、警備の警察官を4倍に増員するそうです」(警視庁事情通)

 たかが西洋の子どもの祭りに「税金使うな!」とカッカきているオトーサンも、つい、きゃりーぱみゅぱみゅのハロウィーンソングを口ずさんでしまったりする。老若男女が仮装に浮かれる光景は、ある意味、オバケより不気味だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る