今年も過熱フィーバー 日本人はなぜハロウィーンに狂うのか

公開日: 更新日:

 それにしても盛り上がり方が尋常じゃない。今年のハロウィーンは31日の本番に向け、早くもヒートアップしている。25日には東京・六本木や川崎市など各地で仮装パレードが開かれ、経済効果はもはやバレンタインデーをしのぐそうだ。仮装出勤や仮装登校を認める会社や学校まであるというが、チトやりすぎじゃないか。

 東京都も、ハロウィーン仕様のゴミ袋30万枚を無料配布。

「昨年のハロウィーン当日に2人の逮捕者が出た東京・渋谷駅周辺では、警備の警察官を4倍に増員するそうです」(警視庁事情通)

 たかが西洋の子どもの祭りに「税金使うな!」とカッカきているオトーサンも、つい、きゃりーぱみゅぱみゅのハロウィーンソングを口ずさんでしまったりする。老若男女が仮装に浮かれる光景は、ある意味、オバケより不気味だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  4. 4

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  7. 7

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  8. 8

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  9. 9

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る