温泉ライターが指南 夏休みは西郷どんゆかりの湯に浸かる

公開日:

 ロシアで行われているサッカーのW杯で盛り上がっている人は、寝不足と暑さで疲れをため込んでいるだろう。そんな体を癒やすなら温泉だ。実は大河ドラマの主人公・西郷どんも、無類の温泉好き。温泉紀行ライターの飯出敏夫氏が言う。

「西郷が温泉好きだったのは、その事跡や伝承から明らかです。鹿児島県内の温泉地を巡ると、西郷ゆかりの湯にいくつも出合いますよ」

 西郷がもっとも足しげく通ったとされるのは、現在の霧島市にある「日当山温泉」だ。鹿児島中央駅から最寄りの日当山駅まで40分ほど。市街地で生家や自決した城山を観光して気分を高めてから訪ねるのもいいだろう。

「『西郷どん湯』と呼ばれる共同湯があり、西郷が滞在した旧家も復元されています」

「西郷どん湯」は、旅館の建物の壁に描かれた西郷どんのイラストが目印。西郷がこの地に来るたびにつかったという湯にわずか250円で入れるのだから、立ち寄らない手はない。泉質はナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉。素泊まりなら1800円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る