成田に“入れ墨・タトゥーOK”温泉 60歳オーナーは米国帰り

公開日: 更新日:

 銭湯や温泉で必ず見かけるのが、「入れ墨・タトゥーのある方は入浴お断り」という張り紙。そんな“タブー”に挑戦しているのが、千葉・成田市にある「大和の湯」だ。全国でも珍しい「入れ墨・タトゥーOK」の温泉施設である。

 オープンは1998年。田園風景の広がる静かな場所にあり、平日800円、土日祝日は1000円という料金で、4つの内湯と8つの露天風呂が楽しめる。1日の利用客は平日で約200人、休日には約500人が全国から訪れる。気になるのは、客層だ。“その筋”の人たちで、浴槽はビッシリなんて光景になっていないのか。従業員はこう言う。

「お客さんのだいたい5人に1人は入れ墨やタトゥーがありますね。最近ではタトゥーOKと聞いて海外から来られる方も多い。“その筋”の方もいますが、トラブルは一切ありません。オーナーがアメリカ帰りで『差別はダメだ』ってことで始めたと聞いてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る