成田に“入れ墨・タトゥーOK”温泉 60歳オーナーは米国帰り

公開日:

 銭湯や温泉で必ず見かけるのが、「入れ墨・タトゥーのある方は入浴お断り」という張り紙。そんな“タブー”に挑戦しているのが、千葉・成田市にある「大和の湯」だ。全国でも珍しい「入れ墨・タトゥーOK」の温泉施設である。

 オープンは1998年。田園風景の広がる静かな場所にあり、平日800円、土日祝日は1000円という料金で、4つの内湯と8つの露天風呂が楽しめる。1日の利用客は平日で約200人、休日には約500人が全国から訪れる。気になるのは、客層だ。“その筋”の人たちで、浴槽はビッシリなんて光景になっていないのか。従業員はこう言う。

「お客さんのだいたい5人に1人は入れ墨やタトゥーがありますね。最近ではタトゥーOKと聞いて海外から来られる方も多い。“その筋”の方もいますが、トラブルは一切ありません。オーナーがアメリカ帰りで『差別はダメだ』ってことで始めたと聞いてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る