成田に“入れ墨・タトゥーOK”温泉 60歳オーナーは米国帰り

公開日: 更新日:

 銭湯や温泉で必ず見かけるのが、「入れ墨・タトゥーのある方は入浴お断り」という張り紙。そんな“タブー”に挑戦しているのが、千葉・成田市にある「大和の湯」だ。全国でも珍しい「入れ墨・タトゥーOK」の温泉施設である。

 オープンは1998年。田園風景の広がる静かな場所にあり、平日800円、土日祝日は1000円という料金で、4つの内湯と8つの露天風呂が楽しめる。1日の利用客は平日で約200人、休日には約500人が全国から訪れる。気になるのは、客層だ。“その筋”の人たちで、浴槽はビッシリなんて光景になっていないのか。従業員はこう言う。

「お客さんのだいたい5人に1人は入れ墨やタトゥーがありますね。最近ではタトゥーOKと聞いて海外から来られる方も多い。“その筋”の方もいますが、トラブルは一切ありません。オーナーがアメリカ帰りで『差別はダメだ』ってことで始めたと聞いてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る