暴落は始まったばかり 株価「あと1700円下落」の恐怖

公開日:  更新日:

 日経平均が暴落した。4日終値は前日比610円66銭安の1万4008円47銭と、1万4000円を割り込む寸前まで下落。昨年の大納会(12月30日)に比べ2300円近く(約14%)も値下がりした。市場からは、「どこまで下がるか考えたくもない」という声が聞こえてくる。

「まさに世界同時株安の様相です。米国の金融緩和縮小が発端ですが、まさか、こんな事態になるとは……。世界中の株式市場から投資マネーが一斉に引き揚げられ、米国債や円など安全資産にシフトしています。この流れは止まらないでしょう」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏)

 円高はもの凄いスピードで進行している。今年初めに1ドル=105円台だったのに、4日は一時100円台まで上昇。1カ月あまりで5円の円高だ。

「今週末の7日(日本時間深夜)に、株式相場を左右する米国の1月雇用統計が発表されます。市場予測より悪い数値だと、円買いが加速し、場合によっては1ドル=95円台をつける可能性があります」(三井住友銀行チーフストラテジストの宇野大介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る