急逝 クボタ益本会長が辛酸なめた入社2年目の「出社拒否」

公開日:  更新日:

致死性不整脈で死去

 あまりにも突然の悲劇だった。クボタ(大阪市)は5日、東京出張中の4日にホテルで亡くなった益本康男会長兼社長の死因が致死性不整脈だったと発表した。

 致死性不整脈は、異常な脈拍で、心臓から血液を送り出せなくなる病気の総称。最悪の場合、数分で命を落とすとされる。

「4日は、東京本社で執務があったのですが、益本が予定の時刻になっても出社してこなかったため、ホテルの従業員に部屋を確認してもらったところ浴室で倒れていたのです。益本に不整脈の持病はなく、私どももただただ驚いております」(広報室)

 享年67。97年にクボタの枚方製造所の部長に就くと、当時、赤字に陥っていた建設機械部門の黒字化に成功。09年1月に社長に就任してからは、中国やタイなどアジア展開を進めて、リーマン・ショックで落ち込んだ業績をV字回復させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る