日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

心残りは長男と母親だった…「涙の太陽」安西マリアさん死去

 心筋梗塞で緊急入院していた歌手の安西マリア(本名・柴崎麻利子)さんが15日に死去。60歳だった。先月20日夜に自宅で心臓の痛みを訴え、自分で119番通報して救急搬送。急性心筋梗塞と診断され、3日間にわたって冠動脈再かん流療法などの集中治療を行ったが、危篤状態だった。葬儀などは遺族の意向で密葬の予定だという。

 73年に歌手デビューし、♪ギ~ラ、ギ~ラ太陽が~、でお馴染みの「涙の太陽」でレコ大新人賞を受賞。その後も芸能界を突っ走り、昨年11月には還暦ヌード写真集を発売するなど元気いっぱいだったが不帰の人となった。

■「私は死ねない」が口癖だった

「心残りは知的障害がある長男(30)と認知症の母親(85)でしょう」と話すのは事情に詳しい芸能ライターだ。

「2人とも介護がなければ生活はできません。安西の心身の負担は半端ではなかったはずです。でも、逆に言えば、還暦を迎えても仕事にエネルギッシュだったのは息子を置いて先に死ねないという気持ちが強かったから。『私は死ねない』とよく口にしていたそうです」

 涙の太陽に合掌。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事