• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

挨拶にブチ切れ 「たかじん偲ぶ会」でも目撃された嫁姑の確執

 著名人500人が集まったやしきたかじんさん(享年64)の偲ぶ会。出席者が口々に思い出を語り、在りし日の映像も流れる。穏やかでにぎやかな会が一瞬にして凍り付いたのが、新妻さくらさんの挨拶のときだったという。

 出席者のひとりが言う。
「薄墨の着物に黒の帯といういでたちのさくらさんは、最後に壇上で挨拶しました。たかじんから感謝を伝えられた手紙を読みながら、<これからも、やしきたかじんの思いを守り続ける所存です>と話したのです。このとき、車椅子に乗ったたかじんのお母さんが、付き添いの人に向かって大声でがなり始めたのです。さくらさんが話すたびに毒づいている感じ。クリアには聞こえませんでしたが、みんなさくらさんの話に耳を傾け、会場はシーンとしていましたからね。大勢の人が違和感を覚えたと思いますよ。よほど文句を言いたいのだろうなあ、と思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る