• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JAL破綻の張本人 西松遙元社長がTV出演した「裏事情」

 JALを一度倒産させた西松遥元社長(現・城西国際大客員教授)が4年ぶりに表舞台に登場。19日、TBSの深夜番組「ニュースの巨人」に出演し、社長就任の経緯や破綻の原因などを赤裸々に語った。

「米国のユナイテッド航空とデルタ航空、アメリカン航空も、チャプター11(日本の会社更生法に準じる法律)の適用を受けて再建した」「(2010年1月に)更生法を申請したのは、会社を残したまま再建を進めるため」

 自ら社長報酬を規定の約3分の1の年収960万円にカットしたがために、「風呂釜やエアコン、車の修理を諦めた」なんてエピソードを披露。庶民派をアピールしたいのだろうが、更生法申請の張本人だ。負債総額は2兆3200億円に上り、銀行に5200億円もの債権を棒引きさせ、株式を紙クズにした。

 まるで、“正義の改革者”気取り。突然のテレビ出演はJALも寝耳に水だったらしい。「番組の宣伝で初めて知りました。個人の判断で出演されたのでしょう」(広報部)というが、こんなうがった見方もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る