JAL破綻の張本人 西松遙元社長がTV出演した「裏事情」

公開日:  更新日:

 JALを一度倒産させた西松遥元社長(現・城西国際大客員教授)が4年ぶりに表舞台に登場。19日、TBSの深夜番組「ニュースの巨人」に出演し、社長就任の経緯や破綻の原因などを赤裸々に語った。

「米国のユナイテッド航空とデルタ航空、アメリカン航空も、チャプター11(日本の会社更生法に準じる法律)の適用を受けて再建した」「(2010年1月に)更生法を申請したのは、会社を残したまま再建を進めるため」

 自ら社長報酬を規定の約3分の1の年収960万円にカットしたがために、「風呂釜やエアコン、車の修理を諦めた」なんてエピソードを披露。庶民派をアピールしたいのだろうが、更生法申請の張本人だ。負債総額は2兆3200億円に上り、銀行に5200億円もの債権を棒引きさせ、株式を紙クズにした。

 まるで、“正義の改革者”気取り。突然のテレビ出演はJALも寝耳に水だったらしい。「番組の宣伝で初めて知りました。個人の判断で出演されたのでしょう」(広報部)というが、こんなうがった見方もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る